ペットたちの腎臓の健康ゴールキーパー-尿検査編

ペットたちの定期健康診断では、尿検査は血液検査以外で最も一般的な検査項目の一つです。尿検査は、ペットたちの全身性疾患のいくつかが判別できるだけではなく、腎臓や尿路の疾患の診断に不可欠でもあります。尿サンプルは非侵襲的な方法で採取できるため、尿検査は獣医師がペットたちの病気を診断するのに役立ちます。

尿サンプルを採取する方法はいくつかありますが、最も簡単な方法は、ペットたちのトイレから新鮮な尿を採取することです(図1)。この方法は、飼い主が収集するには比較的簡単な方法で、ペットたちに緊張をさせずに済みます。

ただし、この方法には、地面や汚れた容器に触れることで尿が汚染される可能性が高いなど、いくつかの短所もあります。また、犬猫の外性器や外毛は汚れやすいため、尿サンプルも汚染される可能性があります。獣医師は、新鮮な尿を採取するだけでなく、膀胱穿刺やカテーテル法を使用して尿を採取することもできます。膀胱穿刺(図2)は、触診または超音波ガイドによって膀胱の位置を固定し、次に針を使用してペットの腹部を膀胱に穿刺して尿を収集します。尿道カテーテル法は、適切なサイズのカテーテルを使用して、尿道の開口部から膀胱に直接カテーテルを挿入し、尿を導き出すことです。これらの方法はどちらも清潔で無菌の尿を得ることができますが、どちらの方法も侵襲的であるため、そのためには身体的拘束または鎮静が必要です。飼い主が自宅の尿でペットたちの健康状態を知りたい場合には、尿検査用紙を使用するのが最も便利で簡単な方法です。ただし、尿を採るために乾燥した清潔な容器を使用することを忘れないでください。また、尿が室温に長時間置かれることを防ぐために、尿を採取した直後に検査を実行してください。細菌の増殖や検査結果に影響を与える可能性があります。

(写真1 は新鮮な尿を集める)
(図2 膀胱穿刺)

尿検査用試験紙(図3)には、尿比重、白血球、亜硝酸塩、pH、ブドウ糖、タンパク質、潜血、ケトン体(アセチル酢酸)、ウロビリノーゲン、ビリルビンなど、10の基本的な検査項目があります。

– 「尿比重」とは、同じ量の水に対する尿の重量の比率を指します。これは、消費される水の量、病気、および腎臓機能によって異なります。たとえば、ペットが脱水症の場合、

尿比重が高くなる可能性があり、腎臓のさまざまな問題により、尿比重が異常に高くなったり低くなったりすることもあります。

- 「亜硝酸塩」と「白血球」の値は尿路感染症の増加に関連しています。高亜硝酸塩を示すことが検出された場合、間接的に尿中の細菌数が増加することが証明される可能性がありますが、尿路感染症は通常、限局性細胞透過性が高くなり、尿中に白血球が出現します。

– 「pH値」の検出では、ペットたちの食事に肉が多く含まれていると、尿がより酸性になり、食事、病気、感染症の変化によってpH値が変化する可能性があります。

これは、以下他のテストと併せて判断する必要があります。

– 健康な腎臓が尿を生成すると、尿細管の血液に「ブドウ糖」が再吸収されるため、通常、尿中にブドウ糖は検出されません。検出された場合、血糖値が高いのは糖尿病が原因である可能性があります。これは、腎臓が再吸収できるしきい値であるか、腎臓の機能に問題があります。

– 尿中の「タンパク質」は、横紋筋融解症または血管内溶血によって引き起こされる腎前性の問題、腎臓自体の問題、または尿路感染症によって引き起こされる腎後性タンパク尿である可能性があります。

–尿に「潜血」反応がある場合は、尿路に問題があり、血尿を引き起こす可能性があることを意味します。溶血やヘモグロビン尿症、筋肉の損傷によるミオグロビン尿症を引き起こす可能性のある一部の疾患でも、血液検査ストリップで陽性になります。タンパク尿症と同様に、原因を明らかにするためにさらなる調査が必要です。

–「ケトン体」は体内の脂肪代謝の産物であり、通常は尿中には現れません。ペットたちの尿中にケトン体が検出された場合は、糖尿病やその他の病気があるかどうかに注意して下さい。

–「ビリルビン」は、老化後に分解される血液中の赤血球の産物です。健康な犬は尿中に少量のビリルビンを含む場合がありますが、猫の尿中にビリルビンが検出された場合は、溶血または肝胆道に疾患の問題を示している可能性があります。

–胆汁を含む「ビリルビン」が肝臓から腸管に入ると、「ウロビリノーゲン」に分解され、一部が肝臓に再吸収されます。健康な犬や猫の尿には少量のウロビリノーゲンが含まれている可能性があります。含有量が多すぎる場合は、ペットに溶血や肝臓の問題があることを示している可能性があります。また、獣医師による検査と診断が必要です。

(図3 尿検査試験紙)

尿検査用紙の検査結果だけでは病気の診断にはなりませんが、病気の兆候を早期に発見するのに役立ちますので、定期的に自宅でペットたちを検査することをお勧めします。ペットたちの健康状態が手遅れにならないようにして下さい。尿検査試験紙の使用に加えて、実際に、飼い主がペットたちの健康を理解するのに役立ついくつかの小さなステップがあります。たとえば、飼い主は自宅でペットのトイレの行動を観察し、ペットのトイレの頻度、時間、動きを記録することができます。これらの行動が変化すると、病気の兆候である可能性があります。通常、ペットがトイレに行き終えると、ペットの尿量、色、透明度、匂いも観察することができます。尿量が突然増加したり、色が薄くなったり、尿の臭いがしたりした場合尿の臭いは病気の警告サインです。尿検査試験紙と併せて、定期的にチェックすると、ペットたちの健康状態をより全面的に把握できます!

上記の記事は「Techncare 顧問獣医師」が執筆したものを和訳したものです。

Scroll to Top